Loading...
Blog Featured Image

夏に受けたダメージ肌は秋に現れる!?夏枯れ肌のケアポイント

Author:
高鍋

Shebelle福岡天神
肌質改善セラピスト

高鍋のプロフィール →

私自身もクリスティーナの施術やホームケアでお肌が改善されたので、1人でも多くの方が同じように肌質改善ができるサロンを目指しています!お肌が変われば、性格も明るく前向きになれる気がします。笑顔が増えて皆さんがもっと素敵になれるよう全力でサポートさせていただきます(`・ω・´)インナーケアも得意なので、内側から綺麗になれるアドバイスもさせていただきますね☆

なんだか急に老けた気がする!


鏡を見てそう思う方も少なくないはずです。


もう夏も終わり秋になりますが、秋が一年で一番お肌を老化させてしまうのはご存知でしたか?


1 . 夏の強い紫外線によるダメージでターンオーバーが乱れる


紫外線から肌を守るフィルター役のメラニンは

通常、肌のターンオーバーにより角質細胞と一緒にはがれおちます。

しかし、長い期間大量の紫外線を浴びてしまうと細胞が傷つき、メラニンがうまく排出されず、残った色素が

シミとなります。




夏の間に沢山浴びた紫外線がお肌の表面に押し出され、秋になりシミが目立つようになるんです!

お肌のターンオーバーは約28日周期ですが、ターンオーバーの乱れにより、今ぐらいのタイミングでお肌の表面に見えてくるんです(;ω;)


2 . バリア機能の低下による乾燥/毛穴/シワ/たるみ


紫外線を浴びると、大量の活性酸素が生み出され、真皮にあるハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンがダメージを受けます。

この影響が続くとうるおいや弾力が失われて、シワやたるみが現れます。

さらに肌の水分不足によりバリア機能が弱まり

乾燥肌荒れを引き起こします。


メラニンが表面に出てくると、肌の色味が暗く見えてしまい、くすみの原因にも、、、!

今からの季節で気温も下がってくると…

乾燥をして肌の水分が奪われるだけでなく、ハリ・弾力もなくなっちゃうんです!!

そうなると、お肌のごわつきやくすみ・乾燥により毛穴も開いてしまいます。


3 . 乾燥により起こりやすくなる角質肥厚


バリア機能が低下し乾燥に傾くと、肌は刺激から自らを守るために表面の角質を厚くします。

この状態を「角質肥厚」といい、これが肌のごわつきの原因になります!

美容成分が浸透しづらく、肌の水分補給が十分に出来なくなるため、乾燥が進みます。

それにより、肌の弾力やハリが損なわれ、たるみへとつながります。



気温が下がってくると、血流の流れが悪くなってしまい

肌に栄養が届きにくくなり、くすみの原因となります。

皮膚の温度が下がると化粧水の浸透が悪くなり、お肌が乾燥を引き起こしシワの原因にも、、、


夏枯れ肌のケアポイントをオススメアイテム共にご紹介!!(`・ω・´)


①シミ・シワ対策の保湿


ターンオーバーを促すヒト幹細胞培養液や保湿力の高いヒアルロン酸、セラミドなどが配合されたアイテムがGOOD!

乳液の油分で栄養を閉じ込めることも大切です。

目元や口元は保湿力の高いクリームがより保湿力を高めてくれます。


〜オススメアイテム〜


SCブースターローション ¥14,080 



保湿成分がバランスよく贅沢配合!

・1.5%ヒト幹細胞培養液

・コラーゲン

・ヒアルロン酸

・アミノ酸

・セラミド

・ピュアビタミンC


ヒト幹細胞培養液1.5%とピュアビタミンCがカプセル化(リポソーム化)されていて肌の深層部まで浸透しカプセルが弾けてゆっくりとお肌に馴染みます!


バリア機能を高めてくれるので乾燥肌、敏感肌の方にもオススメです☆


SCデュアルミルク ¥16,280