Loading...
Blog Featured Image

女性ホルモンと大人ニキビの関係と対策

Author:
藤代

シーベルにお客様として通っていく中で肌悩みが改善されていったのがわかり、私自身もお客様に寄り添ったパーソナルな提案をし改善される喜びを一緒に分かち合いたいと思い入社いたしました。 お客様のお悩みに寄り添ったカウンセリングやご提案をししっかりとサポートできるよう頑張ります。

◉ホルモンについて


ホルモンは、私たちの身体にとって、不可欠な調節役です✨

身体の様々な臓器から分泌され、健康の維持に欠かせない役割を果たしています。

骨や筋肉の成長に関与し、エネルギーの代謝をコントロールするだけでなく、血圧の調整や食欲、食物の消化にも影響を与えています。身体のバランスを保つために、ホルモンは欠かせない存在といえます。

ホルモンは食物から栄養を摂取するのではなく、私たちの脳や様々な器官で生成されます。


例えば、体内で生成される「インスリン」は、血糖値の調節に関与し、血糖値が過剰に上昇するのを防ぐ役割を果たします。


また、「アドレナリン」は、ストレスへの対応や興奮状態の調節に関与し、身体を活気づける重要な役割を果たしています。



現実には、100種類以上ものホルモンが私たちの体内で働いています。

また血液中に占めるホルモン量は、50mプール沢山の水に対して、スプーン1杯程度の割合だそうで、ごく少量で効果を発揮します。


バランスが保たれている状態では、体内の調和も保たれますが、ホルモンバランスが乱れると健康に影響を及ぼすことがあります。

過剰なホルモン分泌や不足なホルモン分泌は、さまざまな健康問題をも引き起こしてしまいます⚡️



特に女性の体にとって、ホルモンは美肌とも深い関わりを持っています。

女性ホルモンの中でも、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つのホルモンは、お肌の健康との密接な関係があります。


画像提供:豆腐の盛田屋


女性ホルモンは月経の周期やライフステージによって分泌量が変動し、女性の健康に影響を及ぼすことが知られています。


エストロゲンは女性らしいカラダをつくる役割を果たすだけでなく、肌や髪の潤いを保ち、自律神経の安定にも関与します。

エストロゲンのバランスが整っていると、肌の調子も良くなり、美肌効果を実感できます。


一方で、プロゲステロンは受精卵の着床や基礎体温の調整に影響を与え、水分保持や食欲もコントロールします。女性ホルモンのバランスの乱れは、肌のトラブルや体調不良といった問題を引き起こすことがあります。




◉ホルモンの周期と体の変化


女性ホルモンは、月経の周期に合わせて分泌量のバランスが変化します。

周期的にエストロゲンプロゲステロンが交互に優位になり、女性の体は妊娠の準備を整えています。

エストロゲンが増える低温期と、プロゲステロンが増える高温期が交互に訪れることで、女性の体は自然なリズムで機能しています。

一方で、男性ホルモンである「テストステロン」も大切な関連性が高いものとなっています。

男性ホルモンは男女問わず存在し、代表的な男性ホルモンである“テストステロン”は、女性においてもごく少量、副腎と卵巣という臓器から作られます。


テストステロンも増加することで、皮脂分泌を増やすことが知られています。その皮脂分泌が原因で毛穴が塞がりニキビできやすくなります。

テストステロンの分泌量は人生を通じて自然に調節されますが、特に思春期の間に上昇するため、その時期にニキビが増える人が多いとされています。



◉ホルモンバランスのサポート方法


女性でも男性でも、ホルモンバランスを整えることは健康と美しさを保つために重要です。


ストレス過度のダイエット不規則な生活習慣はホルモンの分泌に影響を与えることがあります。

質の良い睡眠を確保し、バランスの取れた食事を摂り、適度な運動を取り入れることで、エストロゲンの分泌を促すことができます✨



質の良い睡眠を確保すると、、→コラーゲンやエラスチンの産生をサポートするため、お肌のハリや弾力が向上されます。

またお肌の再生と修復を促進するため、エストロゲンが正常に分泌されるとトーンも上がり健康的で明るいお肌になります。

また肌の炎症が抑制されることで、トラブルが起きにくいお肌になります。

皮脂腺の活性化を促進してくれるので潤いのあるお肌になります。